親知らずの抜歯手術と、その後の痛み

この記事をシェアする

歯医者

下の記事で書いた通り、7月31日に左下の親知らずを抜歯しました。

結果から書くと、

麻酔をしてるので手術はまったく痛くありません。

そして、手術から数日経ってもほとんど痛む事がなくて安心しました。

スポンサーリンク

抜歯手術前は緊張

受付を済ませ、名前を呼ばれて奥へ。

手術が近付くと怖くなってきました。

怖いといっても心臓バクバクってわけじゃなくてちょっとだけ緊張、という程度だったのですが、気が付くと手がやや震えてる…?自分で思ってる以上にビビってるのかも?

血圧、心拍数、体温チェック

まずは先に血圧と心拍数と体温を測ります。

血圧と体温は前回測った時とあまり変わりません。

でもやっぱり緊張のせいか心拍数が前より高かったです。そんなにドキドキしてないつもりだったんだけどな~。

抜歯手術開始

先生は二人です。

手術開始するとやっぱり怖い!!

麻酔

まずは麻酔の注射。

何発か打たれたけど痛い部分と痛くない部分がある。痛いといってもチクッとする程度。

麻酔の後すぐに口が痺れてくる。

そして麻酔が効いたところで手術開始。

歯茎を切開する時、麻酔がちゃんと効いてなくて痛かったらどうしよう!?と怯えていましたが全然痛くなかったです。

いつ切ったのかわからなかった。

これでかなり安心して緊張がほぐれてきました。

手術の音

痛くない事に安心して緊張がとけてからはリラックスできました。

音とかガリガリうるさいのかなと思ったけど、そんなにうるさいって程ではない。

引っこ抜く(割ってる?)時ミシミシ音が鳴るけど怖くはない。

辛かったこと

あまり辛さはなかったけど、しいて言うなら

  • 顎が開きっぱなしで疲れる。

  • 器具が口角に当たってグイッと押し広げるから痛い。

  • 水を流しながらやったり唾液が溜まってきたりで飲み込みたくなる。(ちょっと舌が動いてしまうけどたびたび飲み込みました)

口の中に血の味が広がったら嫌だなと思っていたけど、水をかけながらやってるからか、血が出てる感覚はなかったです。

終了

止血のためにしばらくガーゼを噛みます。血が止まれば終了です。

そしてうがいの仕方について注意が。

口の中の水をくちゅくちゅしてはいけないのです。くちゅくちゅしすぎると抜歯後の穴を塞ぐ血の塊が流れてしまう可能性があるからです。

だから口に含んだ水をそのまま吐き出します。

うがいして水を吐き出すとき血が沢山混じってるかと思ってたけどそうでもなかった。

ちょっと痛みが

止血も終わり、次回の予約の話。

翌日に最寄りの歯医者へ消毒へ行き、約1週間後に抜糸します。

もう一本の親知らず抜歯は9月。

話をしている時、麻酔は効いてるけどちょっとだけ痛くなってきた。傷口じゃなくて内部が。

でもたいしたレベルではないです。ちょっと虫歯が痛むとき程度の痛み。

しかしこのままどんどん痛くなったら…と思うと焦って早く薬を飲みたくなる。

薬は、麻酔が切れて痛くなってから飲むよりも、麻酔が効いてるうちに飲んでおいたほうが痛みを抑えられるらしいです。

薬を飲む

処方してもらった薬は、痛み止めのロキソニン、抗生物質のペングッド。

痛み止めは凄く痛い時は2錠、ちょっとした痛みなら1錠、痛くない時は飲まなくていいそうです。

ただし抗生物質は必ず全部飲みきってくださいとのこと。

薬をもらってすぐ2錠飲んでおきました。これでちょっと安心。

薬を飲む前に食事するべきかと思ってとりあえずゼリー飲料にしました。

食事はしていいそうですが、麻酔が効いてるうちは感覚がなくて舌などを噛んでしまう可能性があるのでやめておいたほうがいいみたい。

そもそも私は手術後に食べるのが怖いから食べられない。

ゼリー飲料も吸い過ぎると傷口から血が出るので、出来るだけ口で吸わず手で押し出して口の中に流し込みました。

冷やす

そして家へ帰る。

抜歯当日は冷やしたほうがいいので、あらかじめ冷却シートを用意してきました。

それで顔を冷やしながら帰りました。暑いしちょうどいい。

スポンサーリンク

麻酔が切れた後の痛み

家に帰ってしばらくして、麻酔が切れて痺れがなくなりましたが痛みはほとんど出ないまま。

薬が効いてるようです。

当日の痛み

痛み止め薬の効果を切れる前に次のぶんを飲んでるからというのもあるけど意外と痛くならない。

顔が腫れてきたのはわかるし内部に少しだけ痛みと違和感はあるけど、歯茎の傷口は痛みを感じない。

出血もちょっと血が滲んでる程度で沢山出血したりとかはなかったです。

出来る限り傷口に触れないよう気を付けながら食事もしてみました。

柔らかい物のほうがいいので、おじやを食べました。

傷口に沁みたりはせず、案外食べられる。

しかし傷のほうに食べ物が行かないよう気をつけながら片側だけで噛むのが思ったより難しくて、ほとんど噛まずに食べてしまった。おじやだから噛まなくても飲み込めます。

ちなみに食べかすが抜歯後の穴に詰まっても無理に取ろうとしちゃダメです。

しかし、最初は痛くなかったのだが食べてるうちにだんだん痛くなってくる。傷口ではなく、内部?が痛んでくるのです。

強い痛みではないけどまだ沢山食べるのはやめておこうと思って食事を中断。

顔が腫れてきていて強く触るとズキッとするので顔を洗う時はそっと優しく洗いました。

2日目の痛み

痛みで目が覚める事もなく、よく眠れました。

起きてからゼリー飲料と薬を飲み、紹介状を書いてくれた歯医者へ消毒に行きました。

消毒はすぐ終わりました。

傷口はまだ出血してるけど問題ないそうです。

顔は結構腫れています。マスク必須。

腫れた部分が熱くなっていて冷やしたくなるけど、抜歯の翌日からは冷やすと逆に治るのが遅くなるから冷やさないほうがいいと聞いた事あるので放置。

食事の痛みは昨日と比べて少なくなりました。

お昼に牛丼を食べてみたのですが、まだ片側だけで噛んでるので食べにくいものの痛みはなく無事完食。

晩ご飯は納豆・卵焼き・白米でしたがこれも無事完食。

食事が出来て一安心…。

でもまだ抜歯したほうの歯で噛んだりするのは避けています。

3日目の痛み

腫れは2日目がピークで、3日目は少しマシになっていました。と言ってもまだかなり違和感があるけど。

出血は、少し血の味がする時があるけど全然たいした事ないです。

食事も相変わらず片側で噛んでるけど、ちょっと固いお菓子まで食べてみたりして、痛みに怯えず食事が出来ます。

最後に

親知らずの抜歯後はかなり痛む人と全然平気な人がいるようですが、私は後者寄りだったみたいです。運が良かったのかもしれません。

手術前はビビりまくって不安だったけど、予想以上の痛みの無さで安心しました。

しかしまだ右下の抜歯が残っています。

左下は平気だったけど、右下も同じように痛みが少ないとは限りません。

なので油断は出来ないけど、以前と比べてだいぶ恐怖は無くなりました。

スポンサーリンク