ケーシージェイティー

色々なことを語る雑記ブログ

映画『シン・ゴジラ』感想(ネタバレ有り)/往年のファンもゴジラをよく知らない人も楽しめる作品

シン・ゴジラ

【ジャンル】特撮
【製作国】日本
【公開日】2016年7月29日
【上映時間】119分
【監督】庵野秀明(総監督)、樋口真嗣(監督・特技監督)
【出演者】長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、他

 

概要

東宝株式会社単独出資により製作された「空想特撮映画」。
ゴジラシリーズ第29作目であり、『ゴジラ FINAL WARS』以来12年ぶりとなる日本製作のゴジラ映画。
キャッチコピーは「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」。

 

あらすじ

東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生。政府は海底火山か熱水噴出孔の発生が原因と見て対応を進める。
内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)は巨大生物が事故を起こした可能性と指摘するが、相手にされなかった。
しかし間もなく海上に巨大な尻尾が発見され、ついに謎の巨大生物が日本に上陸してしまう。

 

感想 ※ネタバレあり

結論から言うと、面白かったです。
あっと驚く新しい要素を入れつつ、過去のシリーズへのリスペクトも感じられる作品。

 

これは映画館に観に行きました。子供の頃ゴジラが好きだったのです。と言っても数本しか観た事なくて熱心なファンというほどではなかったのですが、ゴジラの話をするのが大好きな子供で、ゴジラの本を何冊も買ってもらってたのを覚えています。
父も昔ゴジラが好きだったので一緒に観に行きました。
この頃の私はまだ映画鑑賞にハマってなかったので、映画館に行くのなんて数年ぶり…。

 

いよいよ始まるとオープニングで早くも過去作へのリスペクトを感じて「おおっ」となった。初代ゴジラの足音や鳴き声…!

 

海上に巨大な尻尾出現、いよいよゴジラ登場か!?とワクワク。
そしてついに巨大生物が上陸!……するのだが、見た瞬間「えっ、なんだコイツは…これがゴジラ…?」
ギョロリとした死んだ魚のような目、地面を這うように進む姿…あまりに普段のゴジラとは違う姿だったのです。ネタバレをまったく見ずに行ったので驚きました。
これはゴジラ第二形態、一部では通称「蒲田のあいつ」「蒲田くん」と呼ばれてるらしい。(蒲田に上陸したから)
この蒲田くん、正直かなりキモい(笑)。だがそこがいい。また見たくなるような癖になるキモさ。

街を破壊しながら突き進み、ついに立ち上がります。第三形態に進化するのです。
初代ゴジラの鳴き声がここでも使われています。
私は以前から初代ゴジラの声が好きでした。歴代の中でも恐ろしさがあると思います。
ここだけじゃなくBGMや鳴き声などなど過去シリーズのものが所々使われていて嬉しい。
今作は新しいタイプのゴジラだけど、過去シリーズファンの心を掴む要素も入れてくるのが良いと思った。

 

ゴジラが初めて熱線を放つシーンもインパクトがあった。
すごい勢いで炎を吐き出したり、何本もの光線を放ったり…あっという間に東京が火の海になってしまい迫力と絶望感が凄い。
「こんな奴にどうやって対抗するんだ?無理だろ…」と思ってしまう。

今回のゴジラは最強という声をたまに聞くけど正直戦闘能力的には最強だとは思いません。過去シリーズ最強クラスのゴジラのほうが強いと思う。
しかし絶望感はトップクラスかもしれない。
今回は他の怪獣と戦うわけじゃなく人間目線で描かれていること、近未来的な技術のある世界じゃなくリアルな日本にゴジラが現れたというシチュエーション、得体の知れない不気味さ等もゴジラの恐ろしさを引き立てています。

 

色々あって最後のヤシオリ作戦、あれは、もう、なんていうか気持ちが高まる…!(語彙力なし)
この倒し方ちょっと無理あるのでは…?と思いつつも、完全に感情移入してて、ハラハラしながら見入ってた。
電車があんな使われ方をするとは。今までならゴジラに破壊されるだけだったであろう電車が!と妙に感激したり。

ゴジラが停止した時は「ついに!!」という感じでした。
疑り深い私は、最後の最後でまたゴジラ動き出すんじゃ??と、終わるまで疑っていたが(笑)。

 

そしてエンディングでは過去のゴジラの曲が流れる。終わってから例の曲が流れた途端鳥肌が立った。
いやあ、いいね。さっきも言ったけど今までになかった新しい要素と過去作の要素が入り混ぜられて新規と過去シリーズファン両方の心を掴むのが凄い。

 

余談

帰りに父と食事しながらゴジラの話をしました。
私と父は年齢が離れていて、父は戦時中生まれです。なので小学生の頃に1954年の初代ゴジラをリアルタイムで観たそうです。
何度も観に行ったらしく、60年以上前だけど内容も結構覚えているらしい。
当時ゴジラのインパクトが強くてとても興奮したらしく、今でも印象に残ってるんだそう。ゴジラが出てくるまで長くてドキドキした思い出を話してくれました。
学校で先生からゴジラの絵を書いてみてと言われて黒板にゴジラの絵を書き、先生やクラスメイトから「わ~上手い!」って褒められた思い出もあるらしい。

ゴジラシリーズが1954年から60年以上も続いていて、初代ゴジラをリアルタイムで観た世代と一緒に最新作を観に行く……なんだかこれって凄いなあと思いました。
ゴジラの歴史を感じます。
シン・ゴジラがとても話題になった後だと次の作品はプレッシャーがあるかもしれないけど、これからもゴジラの歴史が続いていってほしい。
一度はファイナルを迎えたゴジラシリーズをこんなに良い作品として復活させて再びゴジラブームを作ってくれて、本当に感謝!