ケーシージェイティー

色々なことを語る雑記ブログ

私が所有していた歴代の携帯電話・スマートフォンを振り返る

ガラケーとスマホ

お題「ケータイと私」

お題スロットを回したらこんなお題を見つけたので、私が今まで使ってきた携帯・スマホを簡単に振り返ってみます。

今まで持っていた物は忘れたくないので、記録メモとして記事にしてみました。



今まで所有していた携帯電話

私が今まで使ってきた携帯電話は、スマートフォンも含めると全部で7台。

そのうちガラケーが4台、スマホが3台です。



フィーチャーフォン(ガラパゴスケータイ)

ガラケー

今ではすっかりスマートフォンが普及してますが、私が初めて携帯を持った頃はまだみんなガラケーの時代。

ガラケーのことを知らない世代も出てくるのだろうか?
使い方がわからない世代は既に沢山いるようです。


両親はスマホにするのが嫌で今もガラケーです。
二人ともほとんど電話しか使わないのでガラケーで充分だと思います。

ガラケーにはガラケーの魅力があります。



1台目

2003年~2004年。

NECのmova N504iS
色はブライトシルバー。

N504iS - Wikipedia


私が初めて携帯電話を持ったのは2003年。

当時既に周りはみんな持ってたので羨ましかった。
親に何度もねだってやっと買ってもらった記憶があります。

N504iSは当時人気だったので選びました。


せっかく買って貰った念願の携帯電話だったので長く使い続けるつもりだったのですが、iモードに夢中になったせいでパケ代が凄くなって怒られてしまい1年でFOMAに買い替えてパケホーダイにした記憶が…。
親には申し訳ないことをしたと反省しています…。


iモードだけでなくメールにも憧れていたのですが、実際にはメールをする相手がほとんど居なくてひたすら面白そうなメルマガを購読しまくってました。むなしい。

1日に100通以上メルマガがきてた気がする。



携帯って常に持ち歩く物だから歴代全部の携帯の手に持った時の感触などを今でもハッキリ思い出せます。

特に一番最初に買った携帯は思い出深くて手触りも匂いも着信音もすぐ思い出せる。もう10年以上前、しかも1年しか使ってないのに。



2台目

2004年~2005年。

NECのFOMA N2102V
色はブルー。

N2102V - Wikipedia


ニューロポインターでカーソルが操作できるのが面白かった。


パケ・ホーダイにしたくて、とりあえずなんでもいいからFOMAにする!ということで買ったのがこれ。

自分で選んだのではなく店の人に選んでもらいました。確か前回使ってたのがNシリーズだからこれになった記憶。


これで好き放題iモードが使える!と調子に乗ってました。

ネット閲覧に夢中になり始めたのがこの時期。PCは当時持ってなかったです。



3台目

2005年~2007年。

富士通のFOMA F901iC
色はカーボンブラック。

F901iC - Wikipedia


カタログを見て自分で選んで買った機種です。 カタログを見る限りだと、これが一番スペックが高そうだったので。

これといって思い出はないけど結構気に入ってました。

指紋センサーがついていたけど結局使ってなかったな。



4台目

2007年~2011年。

富士通のFOMA F903iX HIGH-SPEED
色はアッシュシルバー。

F903iX HIGH-SPEED - Wikipedia


ディスプレイ部分が左右に90度スイングするヨコモーションタイプ。

スタイリッシュでカッコいい。

開いた時シャキーン!って音が鳴るのを覚えてます。


私が一番長く使い続けた携帯で、4年間使ってました。

でも確か最初は充電の減りが前のより速いからあまり気に入らなくて、なるべく早めに買い替えたいと思っていたはず。
それなのにいつの間にか4年も使い続けてた。



スマートフォンへ

スマホ

2011年からはガラケーからスマホにしました。

当時スマホをよく知らなくて、買い替える直前までガラケーかスマホか迷ってた記憶があります。

しかし新しい物に興味があったのでスマホを購入。


買ってみてスマホの便利さに驚愕。こんな小さな機械で何でも出来るのだから。

今でこそ当たり前のように使ってるけど、子供の頃には想像もしてなかった夢の機械だなあと、改めて思う。



5台目 (初スマホ)

2011年~2014年。

サムスンのGALAXY S II SC-02C
色はノーブルブラック。

SC-02C - Wikipedia


どのスマホを買おうか迷ってて調べたら、これがスペック高いと聞いたので。

スマホってこんなに色々出来るんだ…と衝撃を受けた。


使わないであろうものでも、良さげなアプリがあれば手当たり次第ダウンロードしていました。
全然使わないから容量の無駄だった。

逆に長年使い続けたのは瞬間日記という日記アプリ。
紙の日記は全く続いた事がなかったけどスマホアプリなら気付いたとき手軽に書けるし長続きした。


買った当初ホーム画面をカスタマイズするのにハマっていて、オシャレなホーム画面になるよう試行錯誤を重ねていました。



6台目

2014年~2016年。

富士通のARROWS NX F-01F
色はブルーブラック。

F-01F - Wikipedia

こうしてみると富士通多いな。


これを買いに行った日のことを最近の事のように覚えてるのにこんなに前なんだ…と、時の流れの速さが恐ろしくなった…。


前の機種と比べて画質が進化したのを実感できました。

画面も大きくなった!


スマホはバッテリーの減りが早い印象があったのでなるべく長持ちするものを選んだのがこれでした。
確かに今まで持ってたスマホの中でこれが一番長持ちした。



7台目

2016年~現在

SONYのXperia Z5 premium SO-03H
色はクローム。

SO-03H - Wikipedia


まず驚いたのが、クロームは背面が鏡のようになっているのです。
スマホを見るついでにサッと身だしなみチェックに使えて便利。

しかし指紋が目立つのが難点。


かなり高価で高性能なスマホなのですが、私が持ってても宝の持ち腐れかも?(笑)


このスマホは画質の美しさが魅力の一つで、フルHDの4倍もの解像度を誇る4Kディスプレイ搭載なのです。
(4K表示になるのは動画や写真を見る時のみで普段はフルHD)


実物を見たときまず思ったのが、デカい!ということ。
画面サイズが5.5インチもあります。

ポケットに入れて持ち運ぶような人にはデカすぎると思いますが、私は画面がデカいほうが嬉しいので満足。


ただ前回のARROWS NX F-01Fと比べると熱を持ちやすく、バッテリーの減りも早くなったのが気になった。



まとめ

こうして振り返ってみると意外と記憶に残ってるんだなあと思いました。

常に持ち歩いていたから、10年以上前の携帯でも手に持った時の感触や匂いまで思い出せる。


ただ、機種名はハッキリとは思い出せないものがあったので、過去の携帯電話機種を調べて「これだ!」と思うものを見つけました。

自分が持っていたものは出来る限り覚えておきたいので、これを機に機種名が全部思い出せて良かったです。

機種名で検索すると写真も出てきて懐かしい気持ちになりました。



こうして見ると私は、高くても出来る限り一番スペックの高い物を選びたがる派なんだけど、実際使ってみるとバッテリーの減る速さを一番気にしてる。

なので次に買い替える時はバッテリーの持ちを重視して選ぶようにしよう、と思いました。



今の私にとって、もはやスマホは人生のパートナーと言っても過言ではないくらい必需品となってしまいました。

常に持ち歩いてるとなんだか雑に扱ってしまいがちだけど、大事にしなきゃなと反省しています。