ケーシージェイティー

色々なことを語る雑記ブログ

映画『ゴジラの逆襲』感想(ネタバレ有り)/アンギラス登場!初の怪獣同士の戦い

ゴジラの逆襲

【ジャンル】特撮
【製作国】日本
【公開日】1955年4月24日
【上映時間】82分
【原作】香山滋
【監督】小田基義(本編)、円谷英二(特撮)
【出演者】小泉博、若山セツ子、千秋実、他

 

概要

ゴジラシリーズ第2作目。
新たな怪獣アンギラスが登場する。

 

あらすじ

海洋漁業KKの魚群探索機パイロットの月岡(小泉博)は、岩戸島に不時着した同僚の小林(千秋実)の救助に向かう。
無事合流した二人は島でゴジラと謎の怪獣が戦っている様子を目撃。
後日緊急会議が行われ、ゴジラと戦っていた怪獣はアンキロサウルス、通称「アンギラス」だと判明する。

 

感想 ※ネタバレあり

この映画は前作のヒットで急遽作られた作品らしい。
前作からわずか5ヶ月後に公開だから短期間で撮ったんだなあ。そう思うと凄い。

前作よりもインパクトに欠けるものの、これはこれで悪くない作品だと思いました。
今作はゴジラ以外の怪獣も登場するのが見所。

 

音楽が伊福部昭じゃないのでおなじみの曲が流れないのはちょっと残念かも。
やっぱりゴジラのテーマは流れてほしい気持ちがあります。(元々はゴジラに立ち向かう人間達の曲)

 

前作のゴジラはオキシジェン・デストロイヤーで骨になったので、今作のゴジラは別の個体です。
前作ラストの山根博士の、また新たなゴジラが現れるかもしれないという発言が現実のものに…。

ちなみに、前作と登場人物が変わったけれど山根博士は今作にも少しだけ出てきます。
前作ゴジラの映像も少し流れます。

 

今回は、後のシリーズでもたびたび登場するおなじみの怪獣アンギラスが初登場します。
なので今作ではゴジラvs人間だけじゃなくゴジラvsアンギラスもあります。(と言ってもメインは人間なので、アンギラスは途中で退場。)

 

中盤でアンギラスとゴジラが戦うわけだけど、この戦闘シーンなんだか妙に動きが素早い…??
どうやら当初はスローモーションにするつもりだったのだが撮影速度の設定を間違えて撮ってしまい、面白いからそのままにしようという事になったらしい。
この動きが良いという意見もあると思うけど、個人的にはちょこまかしてるせいでちょっとコミカルに見えてしまい、微妙だと思ってしまいました。映画自体は割とシリアスなのにここの動きだけコミカルに見えてしまって違和感があるというか。

しかし決着の付け方が良かったです。ゴジラがアンギラスの喉元に噛みついてトドメ。
獣同士の戦いって感じでリアル。

アンギラスの鳴き声って妙な哀愁を感じて好き(笑)

 

個人的に「おおっ」と思ったのは、駅に水が流れ込んでくるシーン。
この時代の技術でこれは凄いなあと思いました。

 

前作ではオキシジェン・デストロイヤーでゴジラを倒したけど、それはもうない。じゃあどうやって倒せばいいんだろう…。
そんな中、登場人物の一人 小林がゴジラとの戦いで犠牲になってしまいます。
こ、小林いいいい…(T_T) 残された恋人の写真が悲しい…。
しかし彼の最期がヒントとなってゴジラを倒す方法を思いつくのです。
その方法は、雪崩を起こしてゴジラを生き埋めにすること。

 

ラスト、犠牲はあったけど見事雪崩でゴジラは生き埋めになり、人間が勝利しました。
仲間の犠牲が無駄にならなくて良かったです。
しかし雪に埋もれたくらいじゃゴジラはまだ生きてるんじゃ?これじゃまた出てくるんじゃ?と思った(;・∀・)

 

今作はちょっと気になる点はあったものの、予想してたより良かったです。
個人的に、全体的に見ると前作より劣ると思うけど逆に前作より優れてると思う部分もありました。
正直、この2作目は個人的にあんまりよく知らなくて地味なイメージがあったので、つまらないんじゃないか?と思いながら見始めたんです。でもなかなか楽しめました。