ケーシージェイティー

色々なことを語る雑記ブログ

映画『ゴジラ(1954)』感想(ネタバレ有り)/すべての原点

ゴジラ

【ジャンル】特撮
【製作国】日本
【公開日】1954年11月3日
【上映時間】97分
【原作】香山滋
【監督】本多猪四郎(本編)、円谷英二(特撮)
【出演者】宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬、他

 

概要

ゴジラシリーズ第1作目。
日本の特撮怪獣映画の元祖。

 

あらすじ

原因不明の船の沈没事故が次々と発生する。
大戸島に流れ着いた漁師の山田政治は、何物かに沈められたと証言した。
新聞記者の荻原から取材を受けた島の古老は、大戸島の伝説の怪物「呉爾羅 (ゴジラ)」の仕業だと語る。
そしてある日の夜、大きな足音を響かせて何物かが島に上陸し、家屋や住民達が犠牲となった。

 

感想 ※ネタバレあり

ゴジラが好きならこれだけは必ず見ておかなくては、という作品。ゴジラシリーズの原点です。
戦後間もない時代の作品とは思えないクオリティ。
白黒映像のゴジラが不気味で恐ろしい。

 

私は白黒時代の映画を観るのはこれが初めてだったんだけど正直舐めてかもしれません。戦後間もない時代の怪獣映画なんて、正直ちゃちなんじゃないかなと。
でもそんな事なかった。今観ても楽しめます。
確かにCGが発達した現代の技術と比べると見劣りする部分があるけど、魅力は負けていない。
むしろ白黒映像がゴジラの不気味さを際立たせてて、現代のゴジラよりも恐ろしさを感じるかもしれない。

 

やっぱり伊福部昭氏の音楽を聞くとワクワクドキドキするなあ。
おなじみのゴジラのテーマ(本来はゴジラに立ち向かう人間達の曲だった)が流れると「きたきた!」と思う。

 

戦後9年しか経ってない時代の映画だと考えるとなんだか感慨深いです。
普通に会話に「また疎開か」「長崎の原爆から命拾いした」等の台詞が出てくる時代。
ゴジラから逃げる人々、傷ついた人々の描写がリアルで生々しかった。

そして、この映画は単なる怪獣映画ではないメッセージ性が強い作品だと思った。

最後、ゴジラはオキシジェン・デストロイヤーによって骨となり海に沈む。
「あのゴジラが最後の一匹とは思えない。もし水爆実験が続けて行われるとしたら、あのゴジラの同類がまた世界のどこかへ現れてくるかもしれない…」という山根博士の台詞が印象的でした。

 

ゴジラが好きならこの初代ゴジラは絶対に必見だと思います。
この映画、シン・ゴジラを観た後に観ると、やっぱりシン・ゴジラは初代ゴジラを意識して作られてるんだなと再確認できます。シン・ゴジラから新しくゴジラに興味を持った人も是非見てほしい映画です。